酵素ドリンクではなく生酵素サプリをすすめる理由

酵素って、何から摂取しても同じじゃないの?そういえば、友達も酵素ドリンク飲んでたな...。ちょっと待ってください!酵素を摂るなら生酵素サプリが最適だって知っていましたか?その理由を聞いたら、もう他の方法で摂るのがバカバカしく思えます。

酵素を摂るなら酵素ドリンク?それとも生酵素サプリ?どっちがいいのか検証しました

酵素はダイエットはもとより、健康維持や美容効果も高く、酵素ドリンクやサプリメントなどでいつでも手軽に摂取することができますよね。

だけど、酵素を効果的に摂取するには、酵素ドリンクより「生酵素」がおすすめなんです。

ここでは、生酵素をおすすめする理由のほか、酵素ドリンクと生酵素サプリを比較して見えてくる真実について説明していきます。

酵素はダイエット以外にもメリットがたくさんある

酵素はダイエット以外にもメリットがたくさんある

酵素といえば、私たちの体内に存在する食べ物を消化する【消化酵素】、消化した栄養をエネルギーに【代謝酵素】の2つの体内酵素、さらに生の食物や発酵食品に含まれる【食物酵素】があります。

これらがどういう働きをするか詳しく知りたい場合は「酵素ってなに?体の中でどんな働きをするの?」をチェックしてみてくださいね。

酵素がダイエット方法として大人気なのは、得られるのが減量以外にもあるからに他なりません。

健康志向・美容志向を併せ持つダイエッターにとって、これ以上のダイエット方法はありません。

体内に酵素が充実していることで、若々しい身体を維持することができますが、残念なことに体内で作られる酵素量は、25歳頃をピークに低下していき、40代に入ると激減するといわれています。

つまり、加齢すればするほど、太りやすくなるということ。酵素はダイエットするしないに関わらず、意識的に摂取していきたい成分なのです。

このページを読んでいる人のなかには、過去に酵素ドリンクでダイエットに挑戦した人がいるかもしれませんね。

もしかして、効果が得られず「酵素がダイエットに効くなんてウソ」と決めつけてしまっていませんか?

そんな人にこそオススメしたいのが、生酵素サプリなんです。

酵素ドリンクと生酵素を比較してみた

酵素ドリンクと生酵素を比較してみた

酵素ドリンクは清涼飲料水のという区分に分けられるため、販売するためには食品衛生法に基づき、65度以上の加熱処理を行うことが義務付けられています。

しかし、酵素とはそのほとんどが熱に弱いもの。

体温と同じ36〜37度がいちばん活発化するのですが、48度以上の熱で壊れ始めてしまい、100度以上になると食品に含まれる酵素だとほぼ全滅すると言われています。

※なかには、100度以上でも大丈夫な「耐熱性酵素」も存在します。

そのため、酵素ドリンクでは効率よく酵素を摂取することができないのです。

一方、「生」に焦点をあてた生酵素サプリは、加熱をせずに商品化してるのが特徴です。

メーカーや商品によって使われる素材などは異なりますが、発酵・熟成までの製造工程は酵素ドリンクとほぼ一緒。

生酵素サプリは、発酵・熟成させた酵素エキスをフリーズドライ製法などにより非加熱でパウダーやペースト状にして、カプセルに詰め込んでいるのです。

カプセルに閉じ込めているので、酵素ドリンクのように味にこだわる必要もなく、甘味などの余計な味付けをせずに済みます。

つまり、余計な成分などが一切含まれず、酵素エキスだけをその一粒にギュッと凝縮しているというわけ。

味わうことがないということは、酵素ドリンクのように味の好き嫌いも起きないということでもあるわけです。

もちろん、加熱処理が行われているからといって、酵素ドリンクに全く効果がないわけではありません。

たくさんの天然素材を熟成・発酵させた栄養満点の発酵食品です。

そのため、飲むことで消化をサポートしてくれます。

つまり、酵素ドリンクと比較した生酵素サプリの利点としては

  • 酵素の弱みである加熱をしていない
  • カプセル化してるので味の好き嫌いがない
  • 味付けなどの余計な成分が含まれていない

以上のことが挙げられます。

酵素は、フルーツ・野菜・刺身や味噌や納豆などの発酵食品からだってもちろん摂取することができます。

確かに、生の食材から摂取するのが理想的ですが、生酵素サプリにはこれらの生食にはないメリットも併せ持っています。

というのも、フルーツ・野菜に含まれる食物酵素というのは、自己消化しかしません。

りんごを食べたらりんごに含まれる消化酵素は、りんごのみに消化パワーを発揮するということ。

その点、生酵素サプリには天然素材が何種類も含まれていますから、あらゆる食事の消化を助けてくれるのです。

  • 酵素ドリンク:消化をサポート
  • 果物・生野菜:自己消化のみ
  • 生酵素サプリ:あらゆる食事の消化を行う

さらに、いつでも飲みたい時にパパッと飲めるのも生酵素サプリならでは。

液体の酵素ドリンクと比較しても、利便性はピカイチです。

生の食物だと鮮度も関わってくるため、酵素を意識した食生活を続けるのは難しいといえるでしょう。

その点、生酵素サプリは飲みやすさの点でも優等生といえます。

酵素サプリ酵素ドリンク
持ち運び便利か
便秘対策のパワー
コスパの良さ
プチ断食に使える?×
生きた酵素の量

便秘対策に飲むならどっちでもOK

当然、持ち運びではサプリが圧倒的に有利です。酵素ドリンクは瓶入りなので、ちょっと不便ですね。

どちらも優秀なのが便秘への作用です。酵素サプリもドリンクも植物を発酵させたものなので、植物由来の乳酸菌や食物繊維がお通じを良くしてくれますよ。

コスパで比べれば酵素サプリが圧勝

そして、コスパも圧倒的に酵素サプリが有利と言えます。

  • 酵素サプリは1ヶ月500円から試せる
  • 酵素ドリンクだと7,000〜10,000円かかる
  • コスパの良さは酵素サプリが圧倒的勝利

サプリメントの影響が体に現れるには、体の細胞が全て入れ替わる3ヶ月程度必要です。長く飲み続ける事を考えれば、コスパの良い酵素サプリを選んだほうが続けやすいと言えます。

ダイエットを急ぐ時は酵素ドリンクでプチ断食

ただ、酵素ドリンクを選ぶメリットもあります。プチ断食、つまりファスティングダイエットに使えるという点ですね。1食を酵素ドリンクに置き換えるだけでも効果的です。

酵素ドリンクは液体なので、満足感や満腹感が得られます。しかも、ビタミンやアミノ酸などダイエット中に不足しがちな栄養素も補えるんですね。

人間が1kg痩せるには7,000kcalカットする必要がありますが、1日1食1,000kcal程度の食事を酵素ドリンクに置き換えるだけでも、1週間で1kg痩せられる計算になります。

まずは1日1食からでも、酵素ドリンクでのファスティングは緊急ダイエットにぴったりですよ。

結論!酵素の力で選ぶなら酵素サプリが1番

しかし、ファスティングは空腹に我慢したり、丸1日以上断食する場合は前後に準備や回復の期間を作って消化に良いものを食べるなど、知識や我慢が必要です。

飲むだけの手軽さでストレスや年齢で落ちた代謝をケアしてくれる、酵素サプリが圧勝なんですね。

ドリンクだと酵素が死んでしまっている事も

そして実は、酵素ドリンクは製造過程で加熱するので、熱の影響で酵素が死んでしまっているドリンクもあるんです。理由は後で説明しますが、ここは要注意ですね。

同じく酵素サプリでも、加熱しているものは酵素が死んでしまっている事があります。必ず生酵素サプリを選ぶようにしましょう。

酵素サプリを選びたい理由3ポイント

  • コスパや持ち運びの点で酵素サプリの圧勝
  • 確実に生きた酵素を摂取するなら生酵素サプリ
  • 毎日飲むだけの手軽さで長く続けやすい

あれこれ比較しましたが、ダイエットのために飲むなら酵素サプリ、それも製造過程で加熱しない生酵素サプリを選ぶのが理想です。

飲むだけで落ちた代謝をケアできるので、ゆるやかなダイエットに生酵素サプリは最適なんですね。

酵素ドリンクに酵素が入ってないって本当?

しかし、酵素ドリンクには本当に酵素が入っていないのでしょうか。そして、なぜ酵素が死ぬとわかっていて加熱してしまうのでしょうか。

そんな酵素ドリンクへの疑問にもお答えしたいと思います。

なぜ酵素ドリンクを加熱してしまうのか

酵素の種類にもよりますが、酵素は65度くらいになると活性が失われる、つまり死んでしまいます。

しかし、水分が多く腐りやすい飲料は製造過程で加熱しないと食中毒などのリスクが高まるため、法律で65〜85℃ほどで加熱する事が定められてるんです。

一方で、錠剤は水分が少なく加熱処理する義務がありません。なので、生酵素サプリは生きた酵素がそのまま配合できるんですね。

参考:清涼飲料水の規格基準(保存基準)の一部改正について

熱に強い酵素を使ったドリンクなら酵素が摂れる

しかし酵素にはたくさんの種類が存在します。中には熱に強い耐熱性酵素というものもあり、100度を超える水中でも90%以上生き残る酵素もあるんです。

酵素ダイエットの世界でも、熱に強い酵素を使ったドリンクがどんどん新発売されているんですね。つまり、ドリンクでも生きた酵素が摂取できちゃうんです。

コスパや手軽さなど、比較すれば酵素サプリがおすすめなのは変わりませんが、ちゃんと知識を持って選べば酵素ドリンクだって優秀と言えます。

酵素サプリと酵素ドリンクの比較まとめ

  • 酵素ダイエットしたいなら生酵素サプリが1番
  • 酵素ドリンクは熱に強い酵素配合のものを選ぶ
  • プチ断食や置き換えダイエットなら酵素ドリンク

選ぶなら1番間違いない酵素のサプリを、プチ断食するなら熱に強い酵素を使ったドリンクが正解です。

酵素サプリを選ぶ場合も、製造工程で加熱しない生酵素サプリを選ぶのが鉄則ですね。

ドリンクかサプリか迷っていた人も、この基準で買えば失敗ナシです。自信を持って酵素ダイエットをスタートさせましょう。

 
こちらの記事もよく読まれています
ページのトップへ