食材宅配の活用で時短生活

食材配達サービスに申し込めば、自宅に食材が配送され提案されたレシピを元に調理すれば手早く美味しい料理を作ることが可能なことから利用者が急増しています。

レシピは専属の管理栄養士が監修し、栄養のバランスが保たれているのはもちろんのこと味も間違いありません。

毎日の献立を考えてもなかなか良いアイデアが浮かばない方や、近くにスーパーが無いために買い物に行くのが大変な方など、自宅に必要な食材が届けられるのも便利です。

多くの食材宅配サービスではその都度必要なものを購入できるだけではなく、さまざまなプランが用意されており、契約期間中に毎日、あるいは週1回など定められた日に食材が届けられたり、お子様やお年寄りが居る家庭ではそれらのご家族が食べやすい料理の提案や食材の提供が行われています。

価格も比較的リーズナブルでスーパーの特売と比較しても遜色が無い安さで提供されているほか、クーポンや割り引きサービスを利用すればさらに安くなる場合もあります。

食材宅配サービスを上手に活用すれば献立を考えたり買い物に出かける時間を大幅に節約でき、栄養のバランスの取れた美味しい食事を楽しみつつ、自由な時間を手に入れて生活の質を高める方が増えています。

食材宅配サービスの参考例:食材宅配の殿堂|目的別で選ぶ食材宅配のおすすめサービス

いま食材宅配サービスを利用する人が増えている理由

昨今のライフスタイルの変化や女性の社会進出などがあり共働きの家庭が増えており、いわゆる専業主婦の方は減少の一途を辿っています。

そんな中で買い物や調理などの家事全般を、女性に全面的に任せる時代では無くなりつつあります。

夫も妻も忙しい毎日を過ごしていますが、それでも栄養のバランスの取れたしっかりとした食事を摂り、次なるお仕事への活力を養うことも大切です。

そのためには外食やファーストフードに頼るのは限界があり、買い物に行く時間が無くても家庭で調理された温かな食事をしたい方の間でも利用者が増えています。

もうひとつの理由が産地の明記で、安心安全を得たい利用者から高く評価されています。

以前の食材宅配サービスでは素早く商品を届けることが重視され、流通の手続きを簡素化する目的などもあり産地を明記しないことがほとんどでした。

しかし、昨今の消費者の意識の高まりや各事業者の安心安全の取り組みから、食材宅配サービスでも産地を明記するケースが増えています。

また、顔の見える野菜がトレンドとなりつつあり、産地と共に農家の方の顔の写真を掲載しどの都道府県の誰が作ったのかを明確にすることでそれぞれの食材にストーリーが生まれ、さらに味が美味しければまたこの農家さんの作ったものを食べてみたいと思わせる効果もあります。

食材宅配サービスを実際に活用している人の事例

食材宅配サービスの利用者の事例で最もボリュームゾーンとなっているのが、夫婦共働きで子育て中の世帯で、その次に多いのが自宅でお年寄りの介護をしている世帯です。

毎日のお仕事に加えて子育てや介護に追われ、なかなかプライベートな時間が作れない中でも必ず食事は摂らなければなりません。

夫婦2人だけならば外食やファーストフードで済ませることも考えられますが、育ち盛りのお子様や介護が必要な方には愛情を込めた温かい手料理で栄養価の高い食事を与えたいところです。

特に夕食は仕事が終わってから買い物に行って用意するとなると食事を食べられる時間は遅くなってしまいがちで、お子様の生活のリズムを考えるとできるだけ決まった時間に食事を済ませたいところです。

そんな時に役に立つのが食材宅配サービスの存在で、注文すれば調理に必要な食材をすべて自宅まで配達してもらえます。

お届け時間の指定も可能で帰宅した頃に届けてもらうようにすれば、不在による再配達の心配もありません。

食材宅配サービスを利用すれば献立を考えたり買い物に行く時間が大幅に節約できるので、自宅でゆっくりと休む時間を作ることができるほか、お子様と触れ合ったり介護が必要な方へお世話をする時間に費やすことも可能です。